フックグリップ(ストロンググリップ)で手首を使わないで打つ!PGAツアーで飛距離がガンガン伸びてる理由がこれ!

フックグリップ ゴルフの事

現在の飛ばしの主流は「手首を使わない事」だそうです。
ゴルフ仲間で情報通の友人から聞きました。

今PGAツアーの飛距離がガンガン伸びてる理由これらしいんです。

詳しい説明を備忘録的に書きますが、ゴルフ仲間に聞いた話なので信ぴょう性は保証できません。ただ個人的に、理屈上は納得できる話です。

フックグリップ(ストロンググリップ)って何?クラブの握り方です!

フックグリップとは何か?これはクラブの握り方の種類です。

そしてフックやドローボールが出やすいグリップと呼ばれています。
その別名が「ストロンググリップ」という訳です。

握り方は至って簡単で、ニュートラルグリップ(通常のスクエアな握り)より左手をかぶせるだけです。これでフックグリップは完成です

打ち方①フックグリップのままシャット(閉じた状態)にクラブを上げていく

簡単に打ち方を説明していきます。と、その前にイメージ動画を貼っておきます。

※上記動画はPGAツアーメンバーのマシュー・ウルフという選手。打つ瞬間の腰クイが印象的ですが、スイングが参考になります。超シャットなバックスイング。

まずイメージ的にはアウトサイド軌道です。
そこから以下の順番でスイングします。

  1. シャットにクラブを上げて
  2. 真っすぐ球を押し出すイメージ
  3. フォローはいつも通り

フックグリップなので振り遅れてスライスの心配もないですし、イメージ的にスライスばかりする初心者用のグリップ。

しかしその初心者用のグリップが、今世界最高峰のPGAツアーで主流というのだから本末転倒というか、不思議な話です。

スイング的にはシャットの上げていく点と、フックグリップという点だけで後は難しい事はないですね。

打ち方②手首の開閉は極力使わずインパクトをむかえる そうする事で球の回転数が劇的に減る

この打ち方で大事な点は「手首を極力使わない」という点です。

冒頭でも書きましたが、手首を使う事で球の回転数が上がってしまう。

そうすると球がフケ上がったり、横回転ならスライスやフックになってしまい、良い結果になりません。

昔はその回転を使って飛ばしていたのですが、どうやらその回転を殺すのが主流になっています。ドライバーの作りもそっち寄りなんだから、僕たちもそれに合わせたスイングが求められます。

どの業界でもそうですが、ギアに人間側が合わさなけば取り残されてしまう。

現在のドライバーは直進性を上げる作りだから、無理やりドローを打って回転数を上げると逆に飛ばなくなる

上記で書いたように、球の回転数を極力抑えてぼう状で飛ばすのが大切。

曲げて飛ばす時代ではなく、ひたすら真っすぐ飛ばす時代。

古い考えにこだわりを持つと置いてかれる訳です。

まぁここはその人個人個人の考え方でしょう。真っすぐ飛ばして、さらに飛距離も欲しいなら今のドライバーに合ったスイングを身に着けるしかない。

とは言え、僕のマイアイアンはマッスルバックですけどねw

僕もゴルフライターなのでガンガン新しいスイングにはチャレンジする所存です。

まとめ・飛距離を伸ばしたいなら、フックグリップでシャットにクラブを上げて手首の開閉を使わずに打つべし

まとめるとこんな感じ!

  1. PGAツアープロはなぜガンガン飛距離を伸ばしてるのか?
  2. フックグリップでシャットに上げて打つのが今の主流
  3. ドライバーも直進性を意識した作りになってる

以上です!

あ~ここで一旦愚痴。

どのスポーツでもそうですが、いまだプロツアーの開催がない訳ですよ。僕はプレーするのが一番好きですが、二番はプロの試合を観る事なんです。

ゴルフレッスン番組とか色々ありますが、やっぱりプロの試合を観るのが一番の勉強になるんです。

だから待ちどうしい…。無観客なら行けるんじゃないの?いけなくもないけど、倫理的な問題とかもあるのかな…。

まぁ何にせよ1日も早くプロの試合が始まるよう祈っています。

コメント