ゴルフで130切りを目指す人へ! 全ホールでトリプルボギー(+3打)を狙えば126です

ゴルフの事

こんにちわ~ノザ@ゴルフライターです!

ずっと「ゴルフ・120切り」をテーマに書いていましたが、130切りも需要がある事が分かり、この度記事にしました。

当記事は、以下のような人に意味のある記事となっています。

  • ゴルフでスコア130切りが達成できない人
  • 友人に130切りのアドバイスをしたいけど、どう伝えれば良いか分からない人
  • 短期間で130切りを達成したい人

ぜひ参考になるので読み進めてもらえばと思います。

「スコア120切り」を目指す方は、以下の記事をご覧下さい!

【ゴルフで120切り】スコアで見る120切りの計算! 1ホール+3打(トリプルボギー)が基本で大丈夫
どうもこんにちわ、ノザ@ゴルフライターです。 今回は、「ゴルフ120切りの為の計算式」について書いていきます。 当記事は以下のような人に有益な記事となります。 ゴルフで120切りができてない人 どう考えて120切...
ゴルフで120切るなら練習どれ位する? 週一練習でショートコース済みでも120切れなかった
どうもこんにちわ~ノザ@ゴルフライターです。 今回は、「ゴルフでスコア120切るのはどれ位練習が必要か?」をテーマに書いていきます。 僕で言えば、半年間みっちり打ちっぱなしで練習し、ショートコース1回経験し、それでも初ラウンドで...

【女性限定】で120切りできない人はこちらです。

【女性限定】ゴルフで120切りする3つの条件! 女性が120切りできない理由はシンプルなんです
どうもこんにちわ~ノザ@ゴルフライターです! 今回は、「ゴルフで女性が120切りする為の方法3選」を紹介していきます。 当ブログでは主に「ゴルフ 120切り」をメインテーマとして扱っています。ですので、その記事を見れば男も女も参...

【大前提】ゴルフでスコア130切りを狙う人は、「空振り」だけはダメです

ゴルフ 空振り

結論から言うと、ゴルフでスコア130切りは誰でも絶対に可能です。

もう断言します。絶対できます。

ただ前提条件として、「空振りをしないレベル」があります。空振りしているレベルなら130切りは難しい話になります…。

ノザ
ノザ

空振りしないレベルになる為に、まずは打ちっぱなし練習場でとにかく打ちまくる事。

空振りを無くすのは簡単です。
とにかく球を打ち続ければ「当て感」が付くので、誰でも勝手に上達します。

当記事でスイング論を話すと話が脱線するので省略しますが、空振りは練習次第で皆克服できます。

これは才能とか関係なくて、誰でも絶対にできます。

空振りする人は練習あるのみ!

練習して「空振りは絶対しない状態」でコースへ向かいましょう

僕の経験上、どんな初心者も毎週練習場に行き、50球でも打ち続ければ3か月後には空振りしなくなります。

  • 右足を引いた状態
  • 半歩下がった状態
  • 球を極端に左足寄りに置いた状態

どんな状態でも空振りはしなくなります。「当て感」がついたからです。

空振りがなくなって、初めてコースに行きましょう。

練習場で空振りがなくなっても、コースに行けばまた空振りしてしまう。
それでも最低で、「練習場では空振りしない」というレベルまで持って行く事が大切なんです。

【超大事】ゴルフでスコア130切りは、全ホールトリプルボギーでも達成する!

スコアカード

ではここから数字的な話をしましょう。

ゴルフは数字を追いかけるスポーツなので、ただ闇雲に打っていくだけでは目標を達成できない。

勉強でもそうですが、
東大合格レベルの勉強と、
赤点を取らないレベルの勉強では方法もやり方も変わってきます。

スコア130を切ると決めたのなら、その戦略を練りましょう。

スコア計算をしてみると、
130切りは全てのホールをトリプルボギーで上がっても126となり、130を切る事ができます。

  • 全18ホールをパー(規定打数)で上がったらスコア72
  • 全18ホールをトリプルボギー(+3打)で上がると18ホール×3打で54
  • 72+54=126

となる訳です。

簡単な話、全てのホールで3打余分に打つ事が可能なんです。

僕自身初めてこの計算をしましたが、+3打余分に打てるって凄く心が軽くなりません?

まずこの数字を覚えておきましょう。

3パット前提で動いてもボギーオン(パー3なら3打でグリーンに乗る)で大丈夫

3パット ゴルフ

3打余分に打っても130切りは達成できる。

もう少し突っ込んだ話をしますが、これを読んでいる方はパター得意ですか?

スコアを作る上で、パターは最も大切。

毎回3パットという方は、パーオンを狙いましょう。

パーオンとはそのホールの規定打数です。

  • パー3=規定打数は3打(1打でグリーンに乗ればパーオン)
  • パー4=規定打数は4打(2打でグリーンに乗ればパーオン)
  • パー5=規定打数は5打(3打でグリーンに乗ればパーオン)

見ての通り、そのホールによってパーオンの打数は変わります。

パー3の場合、3打でグリーンに乗り、そこから3パットで目標のトリプルボギー
パー4の場合、4打でグリーンに乗り、そこから4パットで目標のトリプルボギー

パターが苦手な方は、こんな感じで3パットありきで考えれば楽になると思います。

2パットでいける自信があるならダブルボギーオンでも大丈夫!

今度は逆に、パットはそこそこだけどショットに自信がないという方。

そんな方は、パットの数を減らしてグリーンオンの打数を増やせば良いと思います。

例えば、パー3なら4打でグリーンに乗ってそこから2パットでトリプルボギーです。

どちらにせよゴールがトリプルボギーで上がれば良い訳なので、後は自分の得意な方を選んで勝負すれば良いと思います。

ただ全ホール2パットで上がるのは100切りしている人でも難しいので、やっぱり3パットありきでマネジメントした方が良いと思いますけどね。

ゴルフスコア130切りに必要な考え方3選!

ではここからは、「130切りに必要な考え方3選」を紹介していきます。

紹介する3つはどれも130切りに必要です。
1つ2つはやっているではなくて、3つ全部使いましょう。

決して裏技とかではなく、まっとうな「使える知識」ですから。

①プレーイング4は絶対に使うべき!

プレーイング4は知っていますか?

【プレーイング4とは】

通常ティーショット(第一打)で打った球がOBに入ってしまった場合、1打のペナルティが付いて3打目として再度ティショットを打つことになりますが、日本のゴルフ場ではスロープレイを避けると言う目的もあり、前進ティーが設けられています。

最初のティーショットをせずに、この前進ティーから打つことをプレーイング4(略してプレ4)と呼んでいます。

レジャーゴルフ【Caddy】より引用

要は、ティーショットでOBになった時の救済方法なんです。

1発目がOBで、さらに打ち直しがOBだとその時点で6打目ですからね…。

1発目がOBなら躊躇せずに、プレーイング4が設定されてる地点にまで行きましょう。

ノザ
ノザ

俺はプレーイング4は使わない!と言って1ホールで13打叩いた人を知っています。

ゴルフ場が設けたローカルルールなので、使っても何も問題ありません。しっかりプレーイング4は使いましょう。

ちなみにパー3にもあります。

②得意なクラブを1本作り、集中的にそのクラブを使う

これもスコア130切りには大切な事です。

得意なクラブを1本作り、ゴルフ場では積極的にそのクラブを振りましょう。(個人的におすすめなのは9番アイアンです)

残り距離が130ヤードだろうと、240ヤードだろうととにかく9番アイアンを使うんです。

繰り返しますが、130切りにはマネジメントが不可欠です。

チョロする4番アイアンより、まあまあ当たる9番アイアンで120ヤード飛ばせば結果的に後者の方が前に進みます。

得意なクラブで集中的に打つ。これも立派なマネジメント。

しかも全ホールがトリプルボギーで良い訳だから、打数の貯金もある。

パーオンなんて狙わず、前に進む堅実なクラブ選択で良いんです。

③パターはピンを狙わない事が大切! 4パットする人はピンを狙い過ぎてる

パターは本当に難しい。上記では3パットを狙えばOKと書いていますが、実際問題4パットする方も多いでしょう。

4パットしてしまう理由も沢山ありますが、一番は距離感です。

横のズレはどうでも良いんです。痛手になるのは前後の距離感。

とにかくピンを狙わず、ピン周辺を狙う事が大切です。

  1. ピンを狙い過ぎてオーバー
  2. 返しのパットにビビってショート
  3. ショートしたくなくて強めに入れてオーバー
  4. ようやく入って4パット

上記の流れが本当に多いですね。

問題はファーストパット。
この時点で入れに行こうとしないで、ピン周辺に行けばOKという認識が必要です。

3パットはOKですが、4パットはダメです!絶対に!

まとめ・ゴルフ130切りは空振りしないレベルなら100%可能!

長々と書いてきましたが、ここらでまとめます!

【ゴルフでスコア130切る方法!】

  1. 練習場で空振りしないレベルまで上達する
  2. 全18ホールはトリプルボギーでも130は切れる
  3. 3パットでもOK!ダブルボギーオンを狙おう
  4. プレーイング4はしっかり使おう
  5. 得意なクラブを使って、そのクラブで攻めよう
  6. ファーストパットはピンを狙わずピン周辺が基本

以上になります。

冒頭でも書きましたが、ゴルフでスコア130切りは誰でも絶対に可能です。

しつこいようですが、断言できます。

まずは空振りしないレベルに仕上げる事。そして上記で書いた事を意識すれば、それこそ中学生だって130は切れます。

130が切れればゴルフは楽しくなります。

ノザ
ノザ

ぶっちゃけ上記の事が守れれば120だって切れると思いますよ。僕は。

ちなみに僕の最初のラウンドは126でした。

ショートコースも行って、空振りしないレベルだったので130の壁にぶつかる事なく切れたんだと思います。

練習もしないで、無策で130切りは難しい…というより不可能です。

ただそれらが出来ていれば、初めてのラウンドで130切りを達成する人もいる。

という事で頑張りましょう!

コメント