おすすめペグハンマー3選! ペグハンマーは所有感に浸るかコスパで選ぶか!ペグハンマーの注意点についても紹介

おすすめ ペグハンマー キャンプの事

こんにちわ!タケ@来世もキャンパーです!

キャンプをされる方でペグハンマーを持ってない人はいません。テントを張る際に必要なペグはハンマーかないと地面に刺さらないから。(手や足で押し込むのは無理!)

じゃペグハンマーを買わなければとなるんですが、ブランドから価格までピンキリ。

という事でファミリーキャンパーな僕が、「これを買えば間違いない!」というおすすめなペグハンマーを3つ紹介したいと思います。

おすすめ第3位 軽量ハンマーは軽くて安いのでコスパ最高! 初心者にピッタリです!

軽量 ハンマー

僕が最初に購入したペグハンマーは、アマゾンで1500円弱で購入した上記ハンマーです。

ペグハンマーに関しては何の知識もなく、とにかく口コミの多さと評価の高さで購入しました。簡単な概要は以下になります。

品名Neboic軽量ペグハンマー
重量380g
材質ハンマー部:高炭素鋼
ハンドル部:アルマニウム合金
特徴女性でも軽く持てる重さ
価格1500円前後

このペグハンマーは我が家で今も健在で、「妻の専用ハンマー」となっています。妻からの評判は上々で軽くて打ちやすいとの事。

デメリットな部分は、軽いが故に自重による押し込みが弱い点です。

地面が土や芝なら問題ありませんが、硬い地面なら中々振りかぶるようです。

とはいえ、女性にはおすすめですし壊れる事も錆びる事もそうない。

加えて2000円以下で買えるのでコスパは最高です!

キャンプにハマるかどうか分からないのに高いペグハンマーは買いたくないって人。初心者の女性なら買って損はありません。

ファミキャンで使用なら奥さんの分という事で1個持っておきましょう。

おすすめ第2位 エリッゼペグハンマー(村の鍛冶屋)は最高クラスの強度!名前も入れられる!

エリッゼペグハンマーはキャンパーの中でも有名です。

まずハンマーの前にエリッゼの「ペグ」が超有名。それはもうスノーピークと肩を並べる程の人気振りです。(僕もペグはエリッゼペグで全て揃えてます)

アマゾンでも高評価&口コミも物凄い数です。

そんな高評価なペグを作るメーカーなので、もちろんハンマーも高品質です!

概要は以下よりどうぞ。

品名エリッゼペグハンマー
重量550g
材質柄:樫の木

ハンマー部:全4種類

特徴名前を入れられる(有料)
価格5800円 名入れ+1100円

概要で説明できなかった部分を補足します。

まず手に持つ柄ですが、通常の柄は真っすぐストンと伸びてますよね。エリッゼは樫の木が湾曲で持ちやすいのが特徴。さらにハンマーのヘッド部分ですが、実に4種類の組み合わせがあります。

  1. カチオン塗装(ブラック)+真鍮ヘッド(ゴールド)
  2. カチオン塗装(ブラック)+ステンレスヘッド(シルバー)
  3. クロームメッキ(シルバー)+真鍮ヘッド(ゴールド)
  4. クロームメッキ(シルバー)+ステンレスヘッド(シルバー)

4種類の選択ができて、さらに自分の名前も彫れるので、オリジナリティーのあるペグハンマーが出来上がります。

ちなみに真鍮ヘッドは柔らかいので手の衝撃は少ないですが、その分痕に残ります。

ステンレスは錆にくく綺麗なままですが、その分「味」が出にくいかなって印象。

とはいえ、最高級のペグハンマーですからその所有感はもの凄く、買って良かったと思える逸品になっています。

デメリットと言えば、やはり価格ですね。

名前も入れるとなると7000円程度に…。価格が良い参入障壁になっているので、人と被る可能性もなお低くなります。人と被りたくない高級品至高な方は手に取って見て下さい。

おすすめ第1位 信頼のスノーピーク製ペグハンマー(SN-002)は所有感も満たされ値段も手頃!一番人気です!

スノーピーク ペグハンマー

言わずもがな、その品質からキャンパーに愛され続けるスノーピーク。そのスノーピークから出ているペグハンマーを第1位にしました。

この順位には誰も反対しないハズ…。それ程メジャーでありながら、所有感を満たしてくれる、コスパの優れたペグハンマーなんです。

簡単な概要は以下よりどうぞ!

品名ペグハンマーPRO.S
重量650g
材質柄:樫の木

ハンマー部:

特徴スノーピークという安心感
価格3900円

とにかく壊れなく、
ストラップが目立つし、
スノーピークの目立たないカッコ良さ、

そして品質の高さが相まって、僕史上最高のハンマーとなっています。

打った感触も柔らかく、衝撃を吸収してくれるので手の負担も少ない。

その反面重量が650gと紹介した中では重めですが、男性陣には何の苦もないレベルです。

デメリットで言えば、価格と女性向けではない点くらいですかね。

それ以上は思い浮かびません。

グリップには滑り止め防止の「ローレット加工」というものが施されています。上記画像を見ても分かると思いますがら、ボコボコとなっていますよね。

こうした細かい部分にこだわるのも、愛され続けるスノーピークたる所以です。

ちなみにこのスノーピークのワンランク上に、スノーピークPRO.C(6200円)があります。そちらはヘッド部分が交換可能となっていますが、値段が高いので今回はランク外に。

ですが、ヘッド部にもこだわりたい!スノーピークでも最高ランクを使いたい!という方にはおすすめです。

【ワンポイント】ペグハンマーの簡単な使い方を紹介! 紐は必ず手に巻きつけて下さい

ペグハンマー 握り方

最後にペグハンマーを使用する際の注意点を紹介しておきます。

上記のようにストラップを手に巻き付けてからペグを打つようにしましょう。

ストラップだからって決して首に掛けないで下さいね。

理由として、何度もペグを叩いている内に握力が弱まり、すっぽ抜ける事があるからです。その防止の為手に巻きつける訳です。

「俺は握力には自信があるぜ!」という方も油断大敵。あんな硬いものがどこかに飛んだのでは大事故の元になります。必ず手首に通しましょう。

キャンプにはペグハンマーは必須! コスパを選ぶか所有感を選ぶかは自分次第だけど、毎回使う道具だからこだわっても良いかと!

僕はファミリーキャンパーという事でテントのサイズも大きく、もちろんその分ペグも多く打つ事になります。

最初はどのハンマーも変わらないと、100均で売ってるようなハンマーを使っていましたが、もう本当に馬鹿でした…。専用のペグハンマーは後部にペグ抜きも付いているので、一層便利な訳です。

という事で、おすすめペグハンマーを3つ紹介しました。

いずれも購入して損はないモノばかりなので、後は使用頻度と好みかなと思います。

ペグハンマーはキャンプでは必ず使う道具です。なるべく気に入った物を買いましょう!

コメント